身長はなんで伸びるの?背が伸びる仕組みを解説

身長はなんで伸びるの

 

成長期になったら身長は、自然と伸びる
そんな風に考えるけど身長が伸びるってどういうことなんでしょうか?

 

実は、大人と子供のレントゲン写真を見ると子供の骨がスカスカなのが目立ちます。
子供のうちは、骨と骨の間に骨端線と言う軟骨がありその部分がスカスカになっています
この骨端線が伸びきって固まると完全に骨になると、大人のレントゲンの用にぎっしり詰まった状態となります

 

この骨端線が伸びる事で身長が伸びるという事になります。

 

では、骨端線はいつまであるのでしょうか?

骨端線は、いつまであるんですか?

大体、男性で17〜18歳位までで
女性だと15歳〜16歳位だと言われています

 

ただ、これも個人差があり20歳を過ぎても骨端線が残っていて
身長が伸びる人も居ます。

 

骨端線があるかどうかの確認は、レントゲンを撮ればすぐにわかりますので
身長が伸びないなと悩んでいるのであれば、一度レントゲン撮影で骨端線の確認をしてみるのもいいかもしれません